リフォーム
2018.1.15

諦める必要はありません! 大きなお風呂でリラックス♪

huro03

 

わたくしどもは八千代、佐倉、千葉市を中心にご依頼があれば東京、茨城県や神奈川県、埼玉県まで出張して各種リフォームやリノベーションを行っている、ワイケイアートです。

お風呂のリフォームについてお話ししたいと思います。

 

浴槽が狭くて足が伸ばせない、昔のタイルのお風呂だから冬はすごく寒い、掃除をしても落ちないカビなどなど悩みがあると思いますが、近年のリフォームでもっとも多いのが、お風呂を広くしたいという要望です。

 

お風呂を広くしたいけど増築するとなると費用がかさむし、洗面所側に広げるとなると大掛かりな間取りの変更が必要になるし……と今のお風呂に不満があってもリフォームに踏み切れずにいる人は多いです。

 

しかし、ひとくちにリフォームといっても、リフォームの方法は何通りもあります。

浴室の広さを変更しなくても、既存の壁の厚みを変えるだけで浴槽をワンサイズアップすることができます。

また、出窓を活用すると手軽にお風呂を広くすることができます。

 

出典=ノーリツ ユパティオ 出窓タイプhttp://www.noritz.co.jp/product/bathroom/hiroy_d.html

出典=ノーリツ ユパティオ 出窓タイプhttp://www.noritz.co.jp/product/bathroom/hiroy_d.html

 

お風呂を広くしたときのメリット・デメリット

 

メリット

複数の人で入浴しても狭さを感じない

小さいお子さんとお風呂に入る時、お風呂が狭いと不便を感じることもありますがワンサイズアップするだけで窮屈感がないのでスムーズに入浴することができます。

また、お孫さんが遊びに来た時にも一緒に入ることができます。

 

手すりをつけても窮屈にならない

将来お風呂に手すりを付けた時、お風呂が狭いと窮屈に感じ逆に躓いたりしてしまいます。

ひとりでお風呂に入れなくなった時、ヘルパーさんや家族の人に手伝ってもらうことも可能になります。

 

デメリット

費用がかかる

同じサイズのお風呂をリフォームするのとは違うので、費用が高くなってしまう。

 

浴槽を大きくすると、光熱費がかかるのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

確かに浴槽が大きくなる分今までよりも水道代かかるかもしれません。

しかし、ひと昔前のお風呂よりかなり進化しているので保温性に関しては大きな出費になることは少ないでしょう。

 

ガス代が気になるというかたは、『驚くほど安くなる!? ガス代節約術』で節約術をご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

とはいえ、広くするにも敷地や住宅の構造などで思い通りの広さを実現することが出来ないこともあります。

狭いお風呂を広く見せる方法がありますので、いくつか紹介していきますので、リフォームをする際に参考にしてみてください。

 

 

狭いお風呂を広く感じさせる方法

 

壁の色を明るくする

huro02

ダーク系の壁はスタイリッシュで重厚感もありますが、黒など濃い色は収縮色でもあるので、閉鎖的なお風呂で使うのはおすすめできません。

狭さが気になる場合は、膨張色である白など明るい色にすると、広がりのある空間を感じることができます。

 

ガラスで仕切る

huro01

お風呂場は四方を壁や扉で覆われていることがほとんどです。閉鎖的な空間であるため圧迫感を感じる人も多いのではないでしょうか。

浴室と脱衣所を仕切る扉や壁を透明なガラスを使うことで、圧迫感がなくなり開放的な空間を作ることができます。

 

鏡を用いる

すでに鏡を置いているお宅も多いと思いますが、鏡に映りこむ画を気にしたことがありますか?

浴槽に浸かった時に、観葉植物などが移りこむようにすることでより広さを効果的に感じることができます。

 

 

費用をあまりかけずに少しの工夫で、お風呂を広くすることが出来ます。

そのご家庭にあったリフォームを提案することができますので、ぜひ一度ご相談ください。

その他の住宅に関するご質問やご相談なども受け付けております。

form

ワイケイアートのホームページはこちら↓

HPbana

LINE@01