キッチン
2017.9.13

キッチンの生活感を隠す4つの技

キッチン01

最近のキッチンの特徴といえば、家族とコミュニケーションがとれるカウンターキッチンが主流です。

しかし、このカウンターキッチンが曲者で、調理器具や調味料、お皿やコップetc……とにかく物が多くて生活感丸出しです。

リビングでくつろいでいる時や来客時など、この生活感を隠したい!と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

この生活感みなさんはどうしていますか?

毎日使う場所だから生活感が出てしまうのは仕方がない、とあきらめてしまうのはもったいないです

 

生活感を上手に隠して、おしゃれで、それでいて使い勝手のいいキッチンへ大変身させる技を紹介いていきます。

 

その前に、キッチンにもいろいろな型があるって知っていましたか?

I型、L型、U型、アイランド型などキッチンにはいろいろ型がありますが、あなたの家のキッチンは何型ですか?

型によってキッチンの使い勝手も変わってきます。

 

キッチンの型

I型

調理台やシンク、コンロなどが横一列に並んだキッチンです。

下ごしらえから調理、配膳までを平行移動で済ませることがでるのが特徴で、最も普及しているキッチンです。

 

 

メリット

・レイアウト変更がしやすい

・作業動線が近い

・省スペースでの設置が可能

 

デメリット

・横に長すぎると使いにくい

・オープンキッチンだとリビングから丸見え

・2人で作業すると動線が重なり動きにくい

 

L型

調理台やシンク、コンロなどがL字に配置されたキッチンです。

I型に次いで多いキッチンタイプです。

 

 

メリット

・作業スペースが広い

90℃に動くだけで作業が楽

・収納スペースが多くとれる

 

デメリット

・コーナー部分がデッドスペースになりやすい

・シンクとコンロが離れすぎると使いにくい

 

アイランド型

キッチンを独立した島のように配置されたキッチンです。設置には広いスペースが必要になり、コストはかなり高くなります。

 

メリット

・大人数で料理が楽しめる

・組み合わせのバリエーションが多彩にある

・キッチンに存在感がある

 

デメリット

・広すぎても狭すぎても使いにくい

・すこしでも散らかっていると目立つ

 

おおかた主流と思われるキッチンの型を紹介しましたが、設置するスペースや費用によっても選べる型は決まってきてしまいますが、どの型にも応用できるキッチンをオシャレに魅せる方法を紹介していきます。

 

キッチンをおしゃれにする魅せる方法

生活感が丸出しのキッチン。

片づける気力さえ失せてしまいます。

 

とにかく収納

調理器具や調味料を収納して、スッキリ何もない状態にしてしまいます。

まるでモデルルームのようで、一切生活感を感じさせません。

キッチン03

とにかく隠す

すべて収納してしまうと使い勝手が悪かったり、いちいちしまうのが面倒という人には、カーテンなどお気に入りの布などで隠すのがおすすめです。

食器棚などの透明なガラスには、シートなどを貼ると中が見えなくなるのでスッキリしますし、電化製品なども布で隠すと生活感が薄れます。

 キッチン04

とにかく統一させる

おしゃれなキッチンの特徴は何といっても、統一感があることです。

容器や色が統一されているだけで、生活感は軽減されます。

生活感が出やすい調味料などは、違う容器に詰め替えると全く違う印象を与えます。

透明な容器などにラベルを貼るだけで、一気におしゃれ感が増します。

 キッチン02

見せる収納

センスが必要になる「見せる収納」

調理器具やお皿や調味料に至るまで、ディスプレイ感覚で見せて収納します。

色を統一させたり、テイストを同じものにすると、カフェ風のオシャレなキッチンになります。

 キッチン05

すぐにでもできる技なのでためしてみてはいかがですか?

生活感は隠せたけど、古さや使い勝手はどうにもならないということはあります。

そんな時はリフォームを検討してみてはいかがですか?

 

1日のうちで長時間居る空間のキッチン。

オシャレに魅せる技を覚えたら、料理を楽しくできる空間を作ってみませんか?

 

わたくしどもワイケイアートは、八千代市・佐倉市を中心に千葉県内外で物件のリノベーションを行っております。

 

キッチンでお悩みの方はぜひ一度、ワイケイアートにご相談ください。

その他のお悩みやご質問も、気軽にお問い合わせください。

http://www.ykart.jp/inquiry/

 

ワイケイアートホームページはこちら⇓hd_logo