ブログ
2017.8.17

雑多な洗面所ではキレイはつくれいない!!

 

家族の共有スペースでもある洗面所。

朝の身支度、お風呂の脱衣所、ランドリースペースと役割が多く、物があふれ収納に頭を悩ませていませんか?

そのくせお客様の目にも触れる場所。

「ちょっと手を洗わせて」って言われて、ドキッとすることもありますよね。

そこで、洗面所に関するお話をしていこうと思います。

 top_plan01

物があふれる洗面所を何とかしようと、テレビや雑誌を真似て100均グッズを活用して収納してみたけど、なんかカッコ悪い。

最近流行りのDIYもチャレンジしてみたけど、中途半端な感じになっちゃった。

自分でやってみるのもいいけど、思うようにいかなかった時の脱力感、お金もムダになってしまいますよね。

そうならないために、ここは思い切ってリフォームを考えてみませんか?

 

リフォームなんて、色を選ぶくらいで、どうせ既製品をはめ込むだけでしょ。

変な隙間ができたり、おしゃれな洗面所にはならない、なんて思っていませんか?

そんなことはありません!!

すでにユニットになっている既製品の洗面台でも、あなたが思っている以上に選択肢があります

それをこれから紹介していきます。

 

機能性を重視したい

化粧品・歯ブラシ・洗剤・タオル……など、とにかく物が多い洗面台。

それらすべてをすっきり収納できるキャビネットを置くと、狭くて身動きできない!

そんな人には、収納も兼ねた洗面台がおすすめです。

top_plan04

大きな鏡の裏にも収納でき、今まで排水管が邪魔でムダなスペースがあった洗面台の下も

すっきり収納できるようになっています。

引き出しタイプなので、奥の物も出しやすく日用品のストックもたっぷり入ります。

 また、洗面ボウルも広く底の傾斜がなめらかなので、洗面器なども安定して置くことができます。

02_photo05

「きれい除菌水」機能がついた洗面台なら、歯ブラシや排水口を除菌することが出来るので、清潔な環境をキープすることができます。

 

デザインを重視したい

海外で見るようなオシャレな洗面台にしたい。

ホテルのような洗練された空間にしたい。

そんな人には、自分の好みに組み合わせる洗面台がおすすめです。

 senmendai01

下部の収納スペースをなくしたカウンタータイプの洗面台。

来客を意識したスタイリッシュな洗面台。

忙しい朝でもゆとりのある朝を実現できる洗面ボウルを二つ設置したタイプなど……

自分らしいスタイルをつくれます。

 

 

用途に合わせた洗面台

洗面台を設ける目的や状況など、目的に合わせた洗面台を設置するようにしましょう。

 

・洗面所ではなく、身だしなみや化粧のしやすさを配慮したもの、帰宅時の手洗い用などのセカンド洗面。

・高齢の方や身体が不自由な方などが、使いやすい工夫が施された洗面台。

・リフォーム時に限られたスペースを有効利用できるように、奥行きの狭いタイプや間口のサイズを調節できるタイプの洗面台。

など、用途によって選ぶ洗面台は違ってきます。

 

ここでは、TOTOの商品(http://www.toto.co.jp/products/groom/index.htm)をご紹介しましたが、その他メーカーごとに工夫を凝らした洗面台がありますので、大きさや機能など自分の家にあった洗面台を選びましょう。

 

洗面所は身支度を整える場所です。

物が散乱した雑多な場所では、キレイはつくれません

洗面所でお悩みなら、ぜひ一度ワイケイアートにご相談ください。

その他のお悩みご質問なども、お気軽にお問い合わせください。

下記にて受け付けております。

http://www.ykart.jp/inquiry/