ブログ
2017.8.2

夏の光熱費を節約する

今年も暑~い夏がやってきました。

夏、様々な条件が合致したお部屋は、尋常じゃないくらい暑くなりますよね。2階なんてまさにサウナ状態。

毎年、光熱費を浮かせようと試行錯誤するけど、どれも今ひとつ。

では、どうすれば涼しくなるか考えていきましょう。

 

どうして部屋が暑くなる?

まずは、室温が上昇する仕組みについてのお話です。

最初に考えられることは、ずばり直射日光が入るからです。

太陽光に含まれる近赤外線が建物表面の温度を上昇させ、その熱が家の中に侵入するためです。

そのため日差しが直接差し込む窓だけでなく、屋根や壁からも熱は室内に入り込んでいます。

特に屋根は昼間の表面温度が60℃にもなることがあり、天井を通り抜けて2階の部屋へ熱が伝わり、室内温度を上昇させるので、部屋が暑苦しくなります。

暑い夏、太陽の熱で室内温度は上昇し続けています。外の気温が30℃の時、部屋の温度は34℃まで上昇するという実験結果もあります。

屋根・外壁からの熱を遮ることは夏の快適な家づくりにおいて重要なことなのです。

 

断熱と遮熱の違いとは?

断熱と遮熱って何が違うの?って疑問に思ったことありませんか?

断熱は伝わる熱を小さくし、遮熱は日射を吸収しないように反射します。

もっとわかりやすくすると、冬は部屋の熱が逃げないように断熱し、夏は外からの熱を遮るのが遮熱です

では、遮熱するにはどうすればいいでしょう。

遮熱カーテンを取り付けている家は多いと思いますが、「遮熱カーテンをかければ万事OK」という単純なものではないのです。

そこで、登場するのが遮熱塗料です。

image3

遮熱塗料とは?

遮熱塗料は高日射反射率塗料とも呼ばれ、温度上昇の原因である近赤外線を反射することにより温度の上昇を抑制することができる塗料です。

建物の屋根、外壁に塗布することで室内温度の上昇を抑制し、室内環境の向上などの効果があります。

まさに塗るだけで建物を涼しくすることができる塗料なのです。

ほかにも……

屋内の温度上昇を抑えることにより、エアコンの負担を減らし、光熱費を削減することができます

エアコン使用量がへることで、二酸化炭素の排出が抑えられ、地球温暖化対策にも非常に有効です。

光熱費を減らしたいと思ったら、ぜひ一度ワイケイアートにお問い合わせください。

その他のお悩みやお困りごとも、下記にて受け付けております!

 

http://www.ykart.jp/inquiry/